産じょくヘルプとは…
「高価な出産祝いの代わりに、友人が産じょく期をサポートしていくもの」
夫婦2人で足りないところは
地域のつながりで助け合い、支えあえるように
子供たちはみんなの未来。地域で子供を育てられるように。

高価な出産祝いの代わりに、産じょくヘルプを

「出産後1か月は、大変だから、会いに行くのも控えておきましょう」
とお友達が落ち着いたころ、お客さまとして会いに行くことも多いのでは?
でも、一番大変なのが産後1~2か月の産じょく期。
ママと赤ちゃんは、社会から隔絶され、孤独感の中、せいいっぱい家事育児に奮闘しています。
そんな時期こそ、サポートが必要なのです。
高価な出産祝いの代わりに、動けない友人の代わりに産後のサポートをお届けする産じょくヘルプ。
実際にどのような活動なのかを、実例を交えてお伝えします。

産じょくヘルプとは

妊産婦や夫婦の友人など3人以上でチームを組み、産前から産じょく期(産前4か月~産後2カ月程度)に生活面をサポートするお手伝いに入ります。 産じょくヘルプでは、産前のうちから産後の正しい知識を得て、産後に備えた準備と周囲の理 また、ヘルプに入るご友人との産前からの信頼関係が必須です。 3人以上のご友人とヘルプ隊を結成していただき、緊急時にも対応できる体制を整え、各メンバーへの生活への負担を減らします。産前のうちからお宅を訪問、交流を深めた上で、産後お宅へのヘルプに伺うことでスムーズに産じょくヘルプが始められます。

※現在はコロナウイルス感染拡大防止対策のため、数人で行う産じょくヘルプは行っていません。

産後を過信しないこと!

みんなでいっしょに赤ちゃんとママを見守る

ご家族で手の足りないところは、地域で支えあえるように…
産後はこなさなければならないタスクがいっぱいです。
絶対にママじゃなきゃダメ、というところ以外は、手分けしてできるように、産前からしっかりシミュレーションと準備、コミュニケーションがとても大切です

そうして過ごした産じょく期の仲間は、そのあとも大切な信頼できる友人になって、子育てをともに支えあえる関係になるはずです。

産じょくヘルプとは?を知る

産じょくヘルプを実例を交えながらお伝えしていきます。
産じょくヘルプには、
・心身ともに赤ちゃんとの生活に備える「準備・計画」
・夫婦で赤ちゃんを育てていく「コミュニケーション」
・夫婦の間に入り一緒に赤ちゃんを育てる「第三者」
この3つがとても大切です。

第三者として、産後を支える産じょくヘルプと、ヘルプに入るご家族との間にも、産前からのコミュにケーションが非常に重要となります。

メリット、デメリット、注意点などもしっかりお話しながら、産じょくヘルプへの理解を深めます。

産じょくヘルプをする、しないに関わらず、こういう産後があること、産後の備えは実際にどう整えるかを考えるのに良い講座です。